介護のプロと認められる介護業界唯一の国家資格

介護職として活躍するための4つの資格

福祉や医療業界と並んで資格の多い介護職には、4つの資格があるってご存知ですか。介護職の第一歩目となる介護職員初任者研修のほかに、介護職員実務者研修と介護福祉士、介護支援専門員の資格があるんです。

資格を取得するためには

高等学校卒業後に厚生労働省が指定している福祉系大学もしくは養成学校を卒業する方法と、仕事を続けながら実務経験を積みステップアップし資格を取得する方法があります。ステップアップしていく方法では、まずは介護職員初任者研修を受講することからスタートします。

実務経験を積んでキャリアも目指せる介護職

初任者研修修了者は、次のステップとなる介護職員実務者研修を受講できるんですよね。初任者研修よりは時間がかかりますが、実務者研修修了者となれば通常の介護業務に加え医療ケアも学べより専門性の知識も習得できます。3年以上の実務経験で国家資格の介護福祉士、5年以上の実務経験では介護支援専門員の受験資格を手にいれられ、キャリアを目指せるのが魅力なんです。

受験には経験以上の知識が必要

介護福祉士は介護業界唯一の国家資格であり、介護支援専門員は介護職の最高峰のキャリアといわれている資格なため、いずれも実務経験だけでは得られない幅広い分野の知識が必要なハードルの高い試験です。そのため、合格のためには受験勉強が必要となり先輩からのアドバイスなどから情報を得たり独学でも受験はできますが、これまでの出題傾向のテキストなどを使った講座を受けるのが効率的と言えるでしょう。

自分のライフスタイルに合った講座で受験勉強

講師から直接学べる通学型や空いた時間に勉強できる通信型があり、いずれも3ヶ月から6ヶ月のじっくり時間をかける講座や試験直前に2週間から3週間の短期講座がありますのでライフスタイルに合った講座で受験勉強することが最適ですね。

平成28年度より国家資格である介護福祉士の受験資格に実務経験等と共に実務者研修の修了が必須となりました。