そんなに簡単に?少ない資金で信用取引で素早く儲ける

株式取引は資産運用の基本

日本を始めとして、世界のほとんどは資本主義社会ですね。そして資本主義の根本は、株式取引によって資金を持っている人が事業家にお金を提供することなんです。そう考えると、どことなくギャンブルのように感じている株式市場も、実は世の中を動かすために非常に大事なものなのだという事がご理解頂けると思います。そんな株式ですが、実際に買うとなると、それなりのお金が必要です。最も安い株なら数万円で買えるのも事実ですが、正直に言うとそこまで安い株はそんなに見込みはありません。やはり、それなりにちゃんとした株を買おうと思えば、最低でも30万円は必要でしょう。

信用取引ならこんな事が出来ます

信用取引とは、資金を担保に株を借りる事です。おおむね、資金の3倍程度までの金額の株を借りることが出来ます。株は、借りた時の市場価格で借りて、返す時の市場価格で返します。株を借りる時よりも返す時に株価が上がっていれば、その差額から借りていた間の金利と取引手数料を差し引いた額が儲けになります。もし、あなたが資金を10万円しか用意出来なくても、約30万円までの株を借りることが出来るのです。ですから、儲ける額も3倍ということになりますね。

信用取引で選ぶべき株の種類

信用取引で選ぶべき株は、とにかく値動きがいい株です。この際、その会社の業績の良し悪しは関係ありません。必要なのは、とにかく株価が上がったり下がったりしやすいものです。あまり動きのない株だと利幅が出るまで時間がかかり、その間の金利もばかになりません。結果として、それほど儲からないという事になってしまいます。また、同じ株でも常に変動が大きいわけではありません。市場を見ていて、動きの激しい人気のある株を見つけるのが重要なのです。

信用取引の費用を安く済ませるには、手数料がお得な証券会社を継続的に利用することや、キャンペーンの期間に取引を始めることが有効です。