たったこれだけ!絶対に負けない株の選び方

株は怖い!を克服しましょう

株の取引というと、なんだか一獲千金とか大損とかいう言葉が思い浮かんで、ただのギャンブル、怖いものだというイメージをお持ちの方も多いと思います。日本で資産形成のために株に投資しましょうという言葉が聞かれて随分経ちますが、未だに個人資産の大部分は預貯金で保有されているのが現状です。でも、金利が限りなくゼロにちかい預金をしていても資産は増えません。給料も昔のように真面目に働いていれば年功序列で上がっていく時代ではありません。将来の生活のためにも、資産運用は大事な事なのです。

負けない株の選び方はこれだけ!

株の恐ろしさは、価格が変動することです。つまり、値段が上がることもあれば下がることもあるのです。資産が減ることの経験がほとんどない人は、株価が下がることを必要以上に恐れてしまいます。でも、よく考えてください。例えば家を買う決断をする場合、この家が将来いくらで売れるのかを考えて買う人は一握りでしょう。それよりも住みやすさを考えて購入するものですね。株も同じように考えればいいのです。今、この株がいくらで将来いくらになるかを考えずに、株を購入することで得られるメリットについて着目すればいいのです。具体的には、配当金と株主優待です。この二つが割が良いと感じるものを購入すればよいのです。そして、ずっと保有し続けることです。その間に株価は変動し続けますが、持っていることを忘れるくらいの気持ちでいればいいのです。よほどの事がないと会社は倒産しませんし、株も下がり続けるわけではありません。とにかく、気持ちに余裕をもって投資することが大事なのです。

株式の信用取引の金利とは、証券会社から現金や株券を借りるためのコストであり、信用取引を行う上で重視する必要があるものです。